教育・研修について シンボル

看護師の教育・研修について

education
  1. ホーム
  2. 教育・研修について
  3. 看護師の教育・研修について

看護の質を上げる

看護師の生涯学習は看護の質の向上に貢献していると言えます。
質の高い看護を提供する能力を開発するために導入した当院のキャリア開発ラダーをご紹介します。

キャリア段階に応じた名札の色分け

当院は職員のキャリア段階に応じて名札を色分けしています。
看護師の生涯学習は看護の質の向上に貢献していると言えます。看護の対象となる人々に質の高い看護を提供するために能力の開発、発展が重要であると考え、日々貢献している職員の学習努力を可視化するために当院ではキャリア開発ラダー別の名札の色分けをしています。

キャリア段階に応じた名札

シンボル

キャリア開発ラダー図

専門ステップ
レベルⅤ
レベルⅤ
Level 5

地域への貢献、組織的アプローチができる

レベルⅣ
レベルⅣ
Level 4

卓越した看護実践を行い組織横断的な活動ができる

基礎ステップ
レベルⅢ
レベルⅢ
Level 3

リーダーシップを発揮し指導的役割が担える

レベルⅡ
レベルⅡ
Level 2 独り立ちナース

自律して所属の看護実践ができる

レベルⅠ
レベルⅠ
Level 1 新人ナース

助言を受けて基本的な看護実践ができる

キャリア開発ラダー導入までの流れ

当院の看護職員の93%は他院での経験を積んでいます。
初期教育は様々で女性特有のライフイベントによる退職や急性期看護からの連携に興味を持った方の入職が殆どです。
専門職としての知識・技術・態度について学習する機会を何らかの事由によりあきらめていた方も、学習できる機会がないかと院内でキャリア開発ラダー導入する計画を立案しました。
日本看護協会出版のキャリア開発ラダー導入の手引きを、当院の目指す看護師像を基に作成しています。
平成30年度教育委員メンバーより先行導入し、自分のペースで無理なく学習する姿勢をあきらめず、取り組んでもらうことが願いです。

レベル別 先輩の声

レベルⅠ

レベルⅠに挑戦します!

Level 1
シンボル Q どんなペースで学習していますか?
月に1回~2回自宅のパソコンで学習しています。出先では、携帯のネットで気軽にイーラーニングを使って学習しています。間違えたら、再度学習し、何度もイーラーニングを見る事ができます。勤務していると、学習時間を作ることが難しいですが、携帯でも簡単にみられるので帰宅してからの空いている時間を使って学習できます。時間を有効に活用できるようになりました。
シンボル Q やってみようと思ったのはどうしてですか?
入職し、キャリアラダーがあることを知りました。先輩がトライしているのを見て、憧れました。自分でも、学習していきたいと思い、イーラーニングにて自己学習し、知識を増やすことが自分の自信に繋がると思いました。今後の勤務でも、学習した内容を活かせると思います。
シンボル Q キャリア開発ラダーについてどう思いますか?
以前の病院では、教育体制があまり整っていなく、キャリア開発ラダーがありませんでした。当院に就職し、キャリア開発ラダーがある事を知り、先輩や同僚たちと一緒に勉強し、学習できる環境があることがとても嬉しく思います。

ナース M・S (看護師5年目)

レベルⅡ

レベルⅡに挑戦します!

Level 2
シンボル Q どんなペースで学習していますか?
日々業務を行う中で疑問に感じたことは、すぐに調べるように心がけています。疑問に感じたことをそのままにしておくと、同じ場面に遭遇した場合に解決に導くことができないからです。研修への参加や、イーラーニングを導入しており、個別で講義を聞けることができ、また動画で実際のケアが見られるのでとてもわかりやすいです。
シンボル Q やってみようと思ったのはどうしてですか?
臨床に出て感じたことは、たくさんの知識や技術や経験が必要であること。また、根拠のある看護実践が必要です。キャリア開発ラダーを活用すると、自分の能力レベルを確認しながら、明確な目標のもとでスキルアップが目指せるのではないかと感じたからです。
シンボル Q キャリア開発ラダーについてどう思いますか?
自分の段階に応じた目標に向かって進むため、自分の階層が分かれば、その中で組まれる研修や学習を行うことで、ステップアップする道筋が見えてくるのではないかと思います。自分自身の看護を見直すきっかけとなるので調整してみたいです。

ナース H・Y (看護師6年目)

レベルⅢ

レベルⅢに挑戦します!

Level 3
シンボル Q どんなペースで学習していますか?
日々の業務でわからなかったことや、翌日の仕事に必要だと思った内容について調べています。最近では共通認識のツールとしてのFIM(機能的自立度評価表)についての知識不足を補うために、役立つ情報がないかと日々調べています。
シンボル Q やってみようと思ったのはどうしてですか?
専門的な知識が習得できると思いました。また、知識だけでなく自分に足りていないものや自分では気づいていない強みを他者から評価を受けることで明確にでき、これからの仕事に活かせると考え、受講したいと思いました。
シンボル Q キャリア開発ラダーについてどう思いますか?
現在具体的に継続して行っている学習が無く、学習する場が設けられることは自分にとってプラスになると思います。キャリア開発ラダーは今まで意識せずにやってきたことを意識して振り返ることのできる機会だと思います。

ナース D・K (看護師10年目)